岡山理科大学自然科学研究所

Search

google

WWW
サイト内

All about RINS

Link

−物理・化学部門− 教授 赤司 治夫 (Haruo Akashi)

■ 職歴/所属学会  ■ 学術論文 ■ 研究報告 ■ 各種研究費受領歴
▲ スタッフ一覧に戻る

【研究概要】

硫黄原子を配位子にもつ遷移金属錯体の合成を目的とする新しい無機化学の研究分野を開拓する。これらの研究により合成した新規化合物の物性の評価を通して、新しい材料化学や、生物無機化学などの幅広い分野への研究の展開を狙っている。
酸化還元反応に関与する金属酵素や、水素化脱硫反応に使われる触媒などの活性点には、金属?硫黄結合の存在が指摘されており、それが機能発生に中心的な働きをしていることが知られている。一連の研究では、金属?硫黄結合を骨格内に多く含んだ金属錯体を合成し、その機能を解明していくとともにより有用な機能を持つ新規化合物を創世することを目標とする。

【研究課題】

遷移金属カルコゲニドクラスター錯体の鎖状化

本研究の概念は、多核金属錯体を「繋ぐ」ことにより多次元に鎖状化した構造をもつ新しい多核金属錯体高分子を合成することである。
わが国の錯体化学研究者は、新規物質の創出という観点において、世界の研究者をリードして研究を行ってきた。しかし、現在、研究の時流が物質の機能性発現を重要視するようになり、新規物質の合成は、困難でリスクの高い研究として敬遠されるようになってきている。一方、物質の機能性に関する研究もごく限られた有望な物質の周辺に集中してきており、その研究者の中からも新しい物質の誕生を期待する声が日毎に高まっているのが現状である。われわれは、これまで新規物質の合成戦略の立案において、機能性の発現を期待しつつもこれに固執せず、むしろ「他人に合成できない物質を合成する」ことを主眼において研究を進めてきた。その結果、金属―硫黄結合を骨格内に多く含んだ混合金属スルフィド錯体の合理的合成法を確立した。特に、サイコロ型のMo3MS4骨格(M= Fe、Co、Ni、Cu、Ga、Zn、Mo、Rh、Cd、In、Sn、Sb、Ir、Hgなど)をもつ一連の混合金属スルフィド錯体については、金属スルフィド錯体の性質を系統的に研究することに成功した。
本研究の目標は、これまでに合成してきた混合金属スルフィド錯体を中心として、これらの錯体を基本ユニットとし、それらをスルフィド架橋配位子や有機超分子配位子等を用いて鎖状に連結することによって、より高次に鎖状化した金属クラスター骨格を合成する方法を開発する。

医療用ハイブリッド体の開発

本研究は、レーザー光と腫瘍選択性光増感剤を併用することにより、腫瘍細胞のみを選択的に壊死させる光線力学療法に用いるための高性能光増感剤の開発を目的としている。